前へ
次へ

エラーコインや紙幣は古銭買取業者へ

エラーコインという言葉を知っていましたか。
エラーコインとは、硬貨の製造過程で発生したエラーによってできたもので、例えば100円の場合、100の文字の位置がずれているような硬貨です。
50円玉の穴の位置がずれているものなどもあるため、支払いのときには出せないと感じてしまう人は少なくありません。
しかし、古銭買取業者にとって、エラーコインは貴重な取引対象です。
古いエラーコインであればあるほど、高値で買い取られる可能性が高いといいます。
貯金箱の中を確認し、古いエラーコインがあるかどうか確認して、見つかったら申し込みましょう。
特に一部のエラーコインは古銭買取業者の間で数十万円の価格が付くプレミア物として認定されており、持っているだけで価値があります。
そのため、釣り船などをもらっとき煮は硬貨の形や年度をチェックする癖をつけておくと、プレミアコインを見つけあれるチャンスに巡り合うでしょう。
エラーコインは古くなければ古銭買取業者が買い取ってくれないのだろうかと悩む人もいますが、そんなことはありません。
実はエラーコインは古銭買取業者にとって、発行年数関係なく人気の高いアイテムです。
見つけただけでも価値がある上に、古銭であればあるほどさらに高い価値を与えられやすいです。
そのため、1個だけであっても古銭買取業者に査定を依頼すると、高く買い取ってもらえる可能性が高いといいます。
なお、コインだけでなく、紙幣にもエラーは存在しています。
印刷が欠けていたり、絵柄が重複する、ずれているなどのものだけではなく、紙片に印刷されている記号のエラーなどに至るまで、様々な印刷ミスや記号違いが存在しているため、見つけたら古物買取業者に出すといいでしょう。
なお、印刷ミスの状態によっては額面の金額の何倍にもなる紙幣として取引してもらえます。
ただし、破れてしまっているだけの紙幣などはエラーには含まれませんので、注意してください。
古銭買取業者ではなく、金融機関へ持ち込み、交換してもらいましょう。

Page Top